« 6冊 | トップページ | けいてぃー »

2004.01.22

ロレンス・イェップ

読もうと思っていた本の山からではなく、今朝郵便受けに入っていた本。
ワニてんやわんや
ロレンス・イェップの読後がほくほくする物語。
いい子の弟ボビーに、ななめの気持ちを持ってしまう兄テディ。
兄弟とはまた不思議な関係なり。我が家の子どもたちもこうなるのかしらとちらりと思いながら、チャイナタウンのテディ一家の物語にひたった一日。ペットにどうしてワニがというところから、母さん、父さん、そして親戚たち。だれもが、ワニを気になってしまう。ワタナベユーコさんの挿し絵が物語にぴったりでとてもよかった。本のつくりも、少しだけ大きめで、文字の大きさや余白のとりかたなど、丁寧につくられ低学年の子どもにすすめたくなる1冊。この訳者さんの本はどれもおすすめ。『宇宙人が来た!』も、物語の楽しさと挿し絵が絶妙! 『ぼく、もうなかないよ』は、ぐぐっと。『アビーと光の魔法使い』は、かろやかなでも心に何か残るファンタジー。私はこの本でコウルリッジの「老水夫行」を知りました。

« 6冊 | トップページ | けいてぃー »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/124690

この記事へのトラックバック一覧です: ロレンス・イェップ:

« 6冊 | トップページ | けいてぃー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索