« アジアン・スイーツ | トップページ | 宝さがしの子どもたち »

2004.01.07

オキーフの家

以前Gさんがおすすめされていた『オキーフの家』。
いわずもがなの、ジョージア・オキーフ。商業的にも成功した20世紀のアメリカ美術を代表する画家だ。
そのオキーフが40年住んでいた家の写真集。文章を書いたのは、オキーフの晩年を介護したパッテン。彼女はオキーフの伝記の共著があり、みずからも絵を描く。

無駄のないシンプルという言葉がよくにあう、美しい家だ。
京都にいたころ、1年間お寺で仕事をし、毎日国宝の庭をながめていた。それに通じる。
禅寺なので、あまり華美な装飾のないお寺だった。和尚が亡くなった時の葬儀も、白と黒の配色がみごとだった。
庭師と井戸のふたに置いてある石4つで、チェスのようなことをするオキーフ。
晩年は目がみえなくなり、石をさわってその感触を楽しんでいたという。
音楽を聴き、パンを焼き、好きな家で暮らす。
その家にまた誰かが住むのだろうか。

« アジアン・スイーツ | トップページ | 宝さがしの子どもたち »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/80216

この記事へのトラックバック一覧です: オキーフの家:

« アジアン・スイーツ | トップページ | 宝さがしの子どもたち »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本