« 3びきのやぎのがらがらどん | トップページ | 豚レバーのマリネ »

2004.02.01

ノルウェーの昔話

なんどもなんどもくり返し読んでも飽きないものが、昔話。
そのなかでも、北欧の昔話はとびっきりおもしろいものが多い。
『太陽の東 月の西』もそう。福音館からでた『ノルウェーの昔話』も、新刊でうれしい昔話集。
やはりアスビョルンセンとモーが編纂したものから34話はいっている。
先日書いた絵本と同じものが「ふとろうと山に行く三匹のヤギのドンガラン」
昔話は再話した人によって、もっている雰囲気がかなり変わる。
大塚勇三さんの訳した「ドンガラン」は、「がらがらどん」より、少しゆったり。
最後は「ちょきん ぱちん すとん」で慣れ親しんできたのだが、こちらは、「トントン、カラリ、トンカラリ」
うん、これもいいなぁ。

« 3びきのやぎのがらがらどん | トップページ | 豚レバーのマリネ »

いま読んでる本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/156570

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェーの昔話:

« 3びきのやぎのがらがらどん | トップページ | 豚レバーのマリネ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索