« 恋の話 | トップページ | だいくとおにろく »

2004.02.23

恋の話、続

『パスカルの恋』読了。駒井れんさんは、石井睦美さんだということを、読後、見返しをみて知る。いつもは、見返しや作者紹介をみてから読むことも多いのだが、今回は一気に読んだので最後に知った。
小説の新人賞をとっているのだが、内容は川上弘美の『センセイの鞄』のようだった。

『ガールズ・イン・ティアーズ』を読み始める。こちらはタイトル通りティーンのドキドキが書かれている世界。明日には読み終わるかな。訳文が読みやすく言葉が自然に入ってくる。

『恋に死す』は、読んでいる途中。アルテミジア・ジェンティレスキという女性の画家の恋話は迫力がある。15歳の時から何度も陵辱された相手を訴える様が書かれている。〈償い婚〉を望んだアルテミジアは、結局、仕事の上で相手に勝利(?)した。「ホルフェルネスの首を切るユディット」の画は、壮絶だ。

« 恋の話 | トップページ | だいくとおにろく »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/227235

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の話、続:

« 恋の話 | トップページ | だいくとおにろく »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本