« 恋の話、続 | トップページ | やきめし »

2004.02.23

だいくとおにろく

日本の昔話絵本でこれというのは、なかなか少ないと思う。
その数少ない1冊が『だいくとおにろく』
きりっとした文体、場面にあう絵、読んでいてもリズムがあって楽しくなる。
子どもたちが、鈴の音がなるようにコロコロ笑う。
シューヘーが「保育園の頃はこのおもしろさがそれほどわかってなかったなぁ。いまの方がおもしろいよ」と、笑っていっていた。

« 恋の話、続 | トップページ | やきめし »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だいくとおにろく:

» だいくとおにろく [iFinder 乱読雑文]
鬼って何よ? [続きを読む]

« 恋の話、続 | トップページ | やきめし »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索
無料ブログはココログ