« 湯たんぽ | トップページ | ファブリック・コレクション »

2004.02.07

すべてのものに季節がある

The Every Thing There Is A Season (1977)
『冬の犬』アリステア・マクラウドの最初におさめられた短編。

聖書の言葉を思わせるタイトル。あらゆる形容詞をのぞいて、簡単にいうと冬、クリスマスを過ごす家族の話だ。父親が病気で一家の精神的柱は外で生活している兄。その兄がクリスマスに帰省した。「私」の語りで、物語はすすむ。なにをもってして、いや、どんなきっかけで成長を感じるのかはさまざまで、「私」にはサンタ・クロースだった……。

気持ちやまなざしをなぞるだけのように見えて、ぎゅっと人生を凝縮している。
具合のよくない父親が言う。

人生の「よいこと」をできるかぎり手放さないようにしっかりつかんでおきなさい。

« 湯たんぽ | トップページ | ファブリック・コレクション »

いま読んでる本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/175480

この記事へのトラックバック一覧です: すべてのものに季節がある:

« 湯たんぽ | トップページ | ファブリック・コレクション »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索