« 鈴木三重吉 | トップページ | 読了本 »

2004.03.12

メール

平日、つれあいの帰宅が遅いので互いに伝える必要のあることをメールするようにしている。覚え書きとして。今日読んでいた本で、伝えたい引用があったので、「ひとやすみの時にでも」とメールした。

詩はリルケもいうように、経験の産物でなくてはならない。1行の句のなかにも、詩人が見たいくつかの憂い、生活体験の結晶が岩塩のようににじみ出る。魂が一つのものとして静かに語るのだ。詩が詩でありうるのは、この象徴性によってである。
いま読んでいる『本は生まれる。 そして、それから』より

返信:
共感があるのは、既にその事を知っていたから。
まさしく、経験の産物として内にあるのだね。

« 鈴木三重吉 | トップページ | 読了本 »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/291680

この記事へのトラックバック一覧です: メール:

« 鈴木三重吉 | トップページ | 読了本 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索