« アボガドとひじき | トップページ | 本は生まれる。そして、それから »

2004.03.15

甘い味

引き続き、だるさが続く。のどが乾く。ふぅ。
疲れも抜けず、甘いものが食べたくて、夕食がぜんぶ甘い味になってしまった。
大豆と豆腐の親子炊きも、甘い。手羽中も唐揚げも甘辛のたれをつけ。おみそ汁の具もさつまいもとわかめ。
子どもたちは、おいしいなあとパクパク食べていた。
大豆と豆腐の親子炊きは、はじめてつくったので「これ、またつくって」とリクエスト。了解。

最近届いた美術書:
アトリエから戸外へ』ほか2冊
ぱらっと見ただけなので、じっくり読むのが楽しみ。どの本も表紙、色が美しい。
ジェイムズ・アンソール作《仮面にかこまれた自画像》が印象に残る。

« アボガドとひじき | トップページ | 本は生まれる。そして、それから »

食べること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/303492

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い味:

« アボガドとひじき | トップページ | 本は生まれる。そして、それから »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索