« ギルガメシュ | トップページ | 絵はがき »

2004.03.21

ピッピ

こんにちは 長くつ下のピッピ』は、縦書きで、ピッピが生まれた国オリジナルの絵本。あったかい午後、狭い我が家の縁側で、子どもたちに読んだ。「おもしろーい!」「髪の毛の卵がついているところがおもしろかった」などなど言っていた。

庭で穴掘りにせいを出して疲れた子どもを夕方寝かせた。ついでに私も一緒に寝た。
寝ている間に、つれあいが夕食をせっせとつくってくれた。
しめ鯖はいつもながらの絶品。つくりたては本当に美味。ありがとう、つくってくれて。
ほかのおかずは野菜いため、庭に芽吹いたふきのとうの天ぷら。春の味だった。ホームセンターで買ったふきのとうがようやく増えてきて、はじめての収穫。ひろごもあさつきも葱もみえてきた。パセリは今年も健在の様子。

« ギルガメシュ | トップページ | 絵はがき »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/334107

この記事へのトラックバック一覧です: ピッピ:

« ギルガメシュ | トップページ | 絵はがき »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索