« 読了本 | トップページ | メール »

2004.03.11

鈴木三重吉

『アンデルセン童話集』(アルス)には鈴木三重吉による「アンデルセンのこと、なぞ」という文章が冒頭におさめられている。
アンデルセンの生涯などにふれたあと、自身の翻訳について、12話中半分は、翻訳というより再話だとことわっている。
そして、こう最後をしめた。

ほんやくも、子供に分る言葉のみを使つて、しかも原作の感触をまで出すことは、しょせん、むつかしい一つの芸術でなければなりません。

« 読了本 | トップページ | メール »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/287251

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木三重吉:

« 読了本 | トップページ | メール »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索