« 近況 | トップページ | 物理学 »

2004.04.02

読了本

細切れの時間の中で読んだ本。とても好きだったエンジェルシリーズの最終巻がでてしまった。全6巻。『エンジェル翼をひろげる』。エンジェルと弟のボロ、お母さんそして新しいお父さんのルディ、赤ちゃんのテーナ、5人家族のあったかい話。エンジェルが細かいことで常にくよくよ悩むところに共感。そうなのよね、子どもの時、いや大人になっても気にするのはとめられない。それとどう折り合うか。変化を好まないのもよくわかる。そんなエンジェルに「もっと翼をひろげて」というエールがタイトルになったのだろう。シリーズは終わるのがとてもさみしい。『鬼の話』は、ちょっと重い。鬼が無垢の象徴として描かれている短編集。『ペドロの作文』は、軍事独裁を背景した子どもの作文を書いている。硬質な内容に添う文章、絵ともに本という形をしっかりつくりあげていた。『だめだめ、デイジー』は、ニック・シャラットの無駄な線のないすっきりした描写がかわいい。母と娘のやりとりで、娘に注意する母親もあれあれと思うところもあり、しかしどちらかがどちらをせめるわけでもなく、からっとした雰囲気がこの絵本のよさ。『かぜひいちゃた日』韓国の若手絵本作家の作品。本文はハングル表記もされ、手書きのハングル文字、印刷されたハングル文字が絵の雰囲気にあわせて使い分けられ、まったく読めないのだけど、見ているだけで楽しい。絵も小さな遊びがページの随所にみられる。韓国絵本、これからどんどん出るのだろうなあ。と、久しぶりに子どもの本を中心に読了本をまとめてみた。

« 近況 | トップページ | 物理学 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/385436

この記事へのトラックバック一覧です: 読了本:

« 近況 | トップページ | 物理学 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索