« 神話 | トップページ | カブトムシ »

2004.04.21

山月記

熱い書評で親しむ感動の名著』がようやく届いた。書店でみたのが最初で、一緒にいたつれあいに「これこれ」と見せた。さっそく星落秋風五丈原さん書評本、「山月記」を読む。私が読んだのは、ちくま文庫に入っている全集1の中のもの。レビュアーの方の気持ちのこもった紹介文がよく伝わってきて、読後感がよかった。本文そのものの感想ではないが、以前、お寺で働いていた時、和尚たちが何かの折に漢詩を書かねばいけない時があり、すらすら書けない人が書ける和尚に教えてもらっていた。国語の教科書の中のものでしかなかった漢詩が、その時ぐぐっと現代のものとして体感したことを、この「山月記」を読んで思い出した。

« 神話 | トップページ | カブトムシ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/474069

この記事へのトラックバック一覧です: 山月記:

« 神話 | トップページ | カブトムシ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本