« 邂逅の森 | トップページ | 週末 »

2004.06.12

ダルシマーを弾く少年

『ダルシマーを弾く少年』は、作者ではなく挿絵を描いているブライアン・セルズニックさんに興味があった1冊。本についている説明によるとダルシマーは台形の木製共鳴箱の上に、金属弦を張り、細長い2本のバチで打奏する楽器。流浪の民・ロマたちの合奏でよく使われ、日本ではツィンバロンともいうとある。柳行李の中にいれられ、親戚に届けられたウィリアムとジュールの兄弟。そして兄弟と一緒にあったのがダルシマー。最初は渡されなかった楽器だが、ふとしたことから、ウィリアムに弾く機会が与えられる。ウィリアムは少しずつ調律してダルシマーを弾きこなしていく。預けられた先の家では優しさをかけられることも少なく、弟は口をきかないで成長している。どうしようもないことが起こり、ウィリアムはジュールを置いてダルシマーと共にいままで住んでいた家を離れた。それから彼はダルシマーを弾くことで生活をしていくようになり……。
セルズニックさんの挿絵は、どこかなつかしく、あたたかい優しさが伝わってくる。モノクロで描かれているが、光などはくっきりと浮かびあがるように描かれ、どの絵も物語にぴったり吸い付いている。静かに物語は進行し、静かに終わる。ラストも自然な美しさがある。よかった。表紙は原書とかなり違う。読了後はどうしてこのような表紙にしたかがわかる、気がする。が、ここまで葉を全面にださなくてもいいかなと思う。

« 邂逅の森 | トップページ | 週末 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/757045

この記事へのトラックバック一覧です: ダルシマーを弾く少年:

« 邂逅の森 | トップページ | 週末 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索