« ミルン | トップページ | ファージョン »

2004.07.02

随筆随談

小沢昭一――百景が刊行中。ラジオを聞いている方なら、一度ならずとも「小沢昭一的こころ」を聞いたことがあるだろう。その軽妙な語りを文字にしたものがこの選集。日常的に使用している私の車にはカセットテープとラジオしか聞けず、フルタイムで働いていた時はもっぱらラジオを流していた。チャンチャチャン♪といつもの音楽がなり、小沢昭一の声が流れてくると、耳がぴくりとした。いつも同じ人を題材にしているので不思議に思ったところ、つれあいがあっさり「知らないの?あれは創作だよ」と教えてくれた。なんだ、前から知っていたのね。ラジオの時間帯が変更になってからご無沙汰していたが、この本を開いて久しぶりに声を聞いた気分。随筆という言葉は知っていたが随談というのもあるのだなぁ。ただしゃべるだけでは人は耳をそばだてない。そこに物語や人間がいるから楽しくなるのだろう。ごちゃごちゃもしゃもしゃ、そしてスケベだから人間はおもしろい。

« ミルン | トップページ | ファージョン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/889446

この記事へのトラックバック一覧です: 随筆随談:

« ミルン | トップページ | ファージョン »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本