« ティッチ | トップページ | 指 »

2004.07.21

ボートの三人男

J・K・ジェロームの『ボートの三人男』はおもしろかった。あ、ここで笑うかもと心が準備する前に声をあげて笑ってしまう。久しぶりに体がほぐれるような楽しさだった。その作品にオマージュを捧げたという『犬は勘定に入れません』を次に読む予定。表紙をみただけで『ボートの三人男』を思い出してクスクスしてしまう。うーん、楽しみ。『月長石』も読みたくなってきた。堀江敏幸氏の『一階でも二階でもないない夜 回送電車2』も少しずつ読み始めている。芥川賞受賞の話題がでる時期だが、堀江氏が124回めで受賞した『熊の敷石』は何度か読み返しているほど好きな作品。

« ティッチ | トップページ | 指 »

これから読む本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/1020677

この記事へのトラックバック一覧です: ボートの三人男:

« ティッチ | トップページ | 指 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索