« おひたし | トップページ | 朝ごはん »

2004.10.21

近刊

配本予定日 2004/11/04
ガンプ 魔法への扉』エヴァ・イボットソン 三辺律子訳 The Secret of Platform 13 by Eva Ibbotson (偕成社)
ガンプの扉は9年に1度、9日間だけ開く。むかし、ガンプというのはどこの国にもあった。地面がもりあがって草のはえた場所のことで、そこにある扉が上の世界へと通じる秘密の扉なのだ。〈島〉に住む人たちは、そのガンプの扉から上の世界へ時々出かけていた。平和な島、やさしくかしこい王様と女王様、そして赤ん坊。ガンプの扉が9年ぶりに開いた時、乳母たちは小さい王子をつれて上の世界へ行った……。

物語が耕されたよい畑のように、ふかふかと気持ちよく横たわっている。そしてそこに実っているひとつひとつに愛着がわいてくる。人のきれいな心と邪悪なものが対極的に描かれているのではなく、きれいな心がよりきれいにひきたつように描かれていた。9章の魔法ショーは何回か読み返したほど。コクのあるイギリスファンタジーです。

« おひたし | トップページ | 朝ごはん »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/1738801

この記事へのトラックバック一覧です: 近刊:

« おひたし | トップページ | 朝ごはん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索