« ユダヤのむかし話 | トップページ | 豆ごはん »

2005.02.01

これから読む本、読んでいる本と秘伝豆

▼『バスの女運転手』(ヴァンサン・キュヴェリエ 作・キャンディス・アヤット 画・伏見操 訳/くもん出版)が出版された。まだ手元にきていないのだが、物語はゲラの時に読ませていただいた。センチメンタルではなく、じーんときて、ガハハと大笑いできるカラッとした物語だ。バスの女運転手が力強くて、乱暴者なのだけど、なかなか複雑な面も見せてくれ、その彼女に対抗する少年もいい。原書のペーパーバックに近い本の装幀にしたというので、届くのが楽しみ。

▼いま、読んでいる本は『ルーカス』(ケヴィン・ブルックス著・林 香織訳/角川書店)。今日中には読了すると思うのだが、すごくおもしろい。前作(『マーティン・ピッグ』より、ぐいぐい読ませる力があるように思う。ラストがどうなるのか。この2冊とも、装幀が英米のペーパー・バックのようで、軽くて値段も手頃、1050円(税込)。

▼『酒味酒菜』(草野心平 ゆまに出版)を入手。おもしろそうで、わくわく。

▼ウェストールの新作『禁じられた約束』(野沢香織訳/徳間書店)を近々読む予定。ウェストールは福武書店から出ていた時から読んでいる。今度、ウェストール・コレクションというレーベルで一連の作品プラス新刊として、『栄光への墜落』(仮題/小野寺健訳)、『クリスマスの幽霊』(仮題/坂崎麻子・光野多惠子訳)も出るようだ。

▼秘伝豆という山形は高畠町特産のお豆を取り寄せた。いま、塩茹でしたのをつまんだらおいしい! このままずっと食べ続けていたらすぐなくなってしまいそう。オルチョサイトではこの豆でピザをつくったのが載っていたので、それをぜひ試してみたいと思っているところ。

« ユダヤのむかし話 | トップページ | 豆ごはん »

いま読んでる本」カテゴリの記事

食べること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/2769871

この記事へのトラックバック一覧です: これから読む本、読んでいる本と秘伝豆:

« ユダヤのむかし話 | トップページ | 豆ごはん »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索