« 豆ごはん | トップページ | サトクリフ »

2005.02.02

覚え書き

■2月25日発売 『河岸忘日抄』(堀江敏幸・新潮社・1575円)
■2月25日発売『彼方なる歌に耳を澄ませよ』(アリステア・マクラウド・中野恵津子・訳・新潮社・2310円)

■2月16日重版『マンスフィールド 短篇集 幸福/園遊会他17篇』(崎山 正毅、伊沢 龍雄 訳・岩波文庫・903円)
■2月16日改版『名探偵カッレくん』(リンドグレーン・尾崎義訳・山田洋次解説・岩波少年文庫・714円)

■3月予定『星を探す者(仮)』(ティム・ボウラー・入江真佐子訳・早川書房)

« 豆ごはん | トップページ | サトクリフ »

」カテゴリの記事

コメント

蒼子さん、やさしいコメントをありがとうございます~。

さかなさん

 いえいえ、ランサムもリンドグレーンも、子どものころの思い出とともにわたしもセットになってます。ランサム全集の復刊されるのですね。うれしいです。

そうそう、蒼子さんへのコメントにも書いたのですが、編集者の方がお好きなんですよね。こういうのは、出版を決める時の大きな要素になるのでしょうね。私もまたいつかボウラーの本をKさんの翻訳で読みたいです!

わおぉぉぉぉん!
スターシーカー、やっぱり出るんですね。あれ、すごくいいですもんねえ。。。。むむむ(とさまざまな思いがこみあげるのであった)。

蒼子さん

 ランサムといえば蒼子さんを連想します。ランサム全集も一時的でしょうけれど、復刊されますね。今回のカッレくん復刊で子どもと一緒に楽しもうと思ってます。ボウラーは、やはり、でしょうか。編集者の方もボウラーがとてもお好きなようなんですよね。

(追記コメント)
 と、書いてから数日後(今日は2月5日)、なんでリンドグレーンのカッレくんなのに、ランサムの話をしているんでしょう(^^;;すみません。私、ずっと、蒼子さんにランサム全集の復刊話をしたかったので、ごっちゃになってたんですね。お恥ずかしい。

さかなさん

 いつもありがとうございます。カッレくん、改版なのですね。バラ戦争ごっこして遊んだのがなつかしいです。ボウラーはやっぱり早川書房でしたか。これも楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/2778537

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書き:

« 豆ごはん | トップページ | サトクリフ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索