« ジャクリーン・ウィルソン | トップページ | 読了 »

2005.02.20

フレンチトースト

「きょうの料理」の今月号もおいしそうな料理がいっぱい。朝食とはとてもいえない時間のごはんに、フレンチトーストとキャベツとソーセージの蒸し焼きをつくる。パンはつれあいが昨日焼いてくれたものを。パンの表面にまんべんなくグラニュー糖をふりかけるとパリッとするとあるので、わくわくしながら焼き上がりを待った。なるほど~。メープルシロップをかけて食べると、とっても甘くて子どもは喜んでいた。大人は1枚でおなかいっぱい。キャベツとソーセージの蒸し煮は大人だけ粒マスターとを別につけたら、子どもたちも「おとなっぽいから、ぼくも粒マスタードをつける!」と同じようにして食べて、「おとなになった気分だなぁ」と言っていた。粒マスタードはおとなの味なのね。夜は鯛ご飯の予定。土鍋でつくります、つれあいが。

« ジャクリーン・ウィルソン | トップページ | 読了 »

食べること」カテゴリの記事

コメント

すごいリアルな夢ですね。現実のちびちゃんは毎日「とーちゃんと寝る」と言って私の横にはこないですが。。私の昨日の夢はマニキュアをぬっている夢でした。マニキュアなんて、ほとんどつけたこともなく、今も手元にはひとつもないのに、不思議だなぁと思って目がさめました。

小さい人たちの成長はいちじるしくて、まぶしいです。Rさんが以前ビデオにとったものを最近よく編集していて、それをみていると、ぷくぷくだった子どもたちがどんどん少年になってきていて、はぁさみしいと思います。子どもばなれってなかなか大変だなぁとか。これからも見守ってくださいね。以前「月刊林」にせいさんが「これだけ見守ってくれる大人がいるから、すくすく成長するよ」とくださった言葉、大事にしています。

こんにちは~。内容的に関係ないですが(汗)、
今日はさかなさんのおうちに遊びに行く夢を見ました。
地元の花火大会とかで、男の子組はみな出かけて、
ちょっとバテた私と、末のおちびちゃんとさかなさん
とが居残りお留守番をするというリアルな夢(笑)。
夜に布団で横になってると、そばにちびちゃんが
やってきて「添い寝~」と腕枕してくれました。
その時に「子供って“これは自分の最高の創造だ!”と
胸をはって言えるほどスゴイ存在だよなー」と、
しみじみしたのが、すごくリアルだったです。
これほどのものは創ろうったって創れたもんじゃ
ないや、まいったなぁ、創作って大変だぁ、とか。

いつも楽しいブログ読んでるので、気持ちだけは
すっかりお邪魔しに行ったようです。小さい人たち
の成長を読むのが今後とも楽しみです。では☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/3006148

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチトースト:

« ジャクリーン・ウィルソン | トップページ | 読了 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索