« シェイカー通りの人びと | トップページ | びっくりしたこと »

2005.02.28

夕ご飯と詩ひとつ

昨日は「きょうの料理」からマロンレシピでちーずおやきと豆乳みそ汁をつくった。豆乳はいま、焼酎割で使うので、冷蔵庫に入っている。なので、このレシピを思い立ったのだが、つれあいは「まずい」と一言。子どもたちは、コーンが入っていて、コーンクリームスープとして「おいしい」とぺろりと食べてくれた。つれあいは豆乳の味が好みでないらしく、焼酎割も決して試そうとしない。
今日は、大豆とトマトのチーズグラタンをつくってみた。子どもたちはチーズがとろけている料理が大好きで、主にチーズをとりあって食べていた。ほかは、茎たち菜のおひたしに(今回はポン酢で味付け)に、おみそ汁(豆腐とわかめ)、五分つきごはん。思いたって、先日教えてもらった長いものチーズ焼きの大根バージョンでつくってみた。やはり長いもの方がしゃきしゃき感があっておいしい。大根は下ゆでせずに、少し薄めの輪切りにしてみたのだが、つれあいは、まぁ甘みは感じていいんじゃないと、なぐさめて(?)くれた。

今日届いた「図書」に連載されているアーサー・ビナード氏紹介の詩。もう一つのもおもしろかったのだけど、とりあえずこちらを引用。

履歴書
ドルシー・パーカー

剃刀は痛いし、
川の水は冷たい、
服毒だと見苦しくなるし、
麻薬だと胃が差し込む。
拳銃を使えば法に触れるし、
縄は切れるかもしれない、
ガスの臭いはむかむかするから
いっそのこと
生きるほうがましかも。

« シェイカー通りの人びと | トップページ | びっくりしたこと »

」カテゴリの記事

食べること」カテゴリの記事

コメント

サカモトさん
ありがとうございます!
よし、これが今晩の一品。いつもレシピをありがとうございます。豚バラスライスも大根もあるので、できます。よーし。

さかなさん、うちで火を通すときの大根レシピですよ〜。
・大根は皮ごと太めの千切りにしておきます。
・豚ばらスライス数枚(100g以下)を短冊に切って、油をしいていないフライパンでよく炒めて油を出し切り、かりっとしてきたら強めの塩コショウ。
・そこに大根を入れて歯ごたえが残るように油がなじむ程度に炒めます。
・仕上げに醤油をまわしかけて、風味を出せば出来上がり。
ビールのおつまみには胡椒を多めにするなど、味のめりはりをつけたほうが美味しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/3119010

この記事へのトラックバック一覧です: 夕ご飯と詩ひとつ:

« シェイカー通りの人びと | トップページ | びっくりしたこと »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索