« つらつらと | トップページ | マレクとマリア »

2005.03.14

アンデルセン

図書館で借りたアンデルセンの絵本『赤いくつ』を読み、絵も文章も心に響いてこなかったので、『雪の女王』(大塚勇三編・訳 福音館文庫)に入っている「赤いくつ」を読んでみる。こちらは、まっすぐにアンデルセンの心が入ってきたような気持ちになれた。今日、たまたまアンデルセンの話をした時に、『親指姫』に入っている「あるお母さんの物語」という話にでてくる死神を、鈴木三重吉は「死」と訳している(『アンデルセン童話集』アルス)と知った。アルスの児童文庫もどこかで復刻してくれないだろうか。

アンデルセンといえば、『アーサー・ランサムのロシア昔話』(神宮輝夫訳 白水社)のまえがきで、編者であるヒュー・ブローガンがランサムについて、17歳で中等教育を修了し、大学も数ヶ月でやめたときに、フェアリー・テイルズ――クリスチャン・アンデルセン風なものを書きたいと思っていたと書かれていた。

« つらつらと | トップページ | マレクとマリア »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/3302251

この記事へのトラックバック一覧です: アンデルセン:

« つらつらと | トップページ | マレクとマリア »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索