« モツ、背徳、句歌詩帖 | トップページ | オーケストラの105人 »

2005.03.27

春の味

今日は地区の安全祈願祭だった。4月からの新学期を前に交通安全の祈願を地区の神社でしてもらう。お守りをもらって、元気に登校できますようにと、大人も祈る。

季節はずれの雪がつもったり、いったい春はくるのかしらと思ったけれど、ちゃんとやってきた。あったかくなり、雪がどどっととけ、庭はモグラの穴だらけ。でも、ふきのとうがいくつか出ていて、さっそくつみとり、今日の夕ご飯に春の味を届けてくれた。春のものは、命がどくどくしている。口の中にいれると、ほろ苦さとともに、体の中が活気づく。子どもたちは、まだこのほろ苦さを得意としていないが、天ぷらにしているにおいに、「すっごくおいしそうなにおいだ!」と鼻をくんくんさせていた。夕ご飯のほかは、レタスクラブのHPよりちくわのかば焼丼(高山なおみレシピ)。菜の花がなかったので、小松菜で代用。おみそ汁は豆腐に、細ねぎ、もずく。大根とコーンのサラダ。五分つきごはん。美味でした!

『ヒットラーのむすめ』(ジャッキー・フレンチ作 さくまゆみこ訳 鈴木出版)読了。前回は挫折し、今回は最後までたどりついた。子どもたち4人がバスの中で行っている「お話ゲーム」。その中のひとりが「ヒットラーには娘がいて……」と話を始めた――。こう読んでほしいというレールが敷かれているような違和感がつきまとい、純粋に物語に入れなかった。物語の枠から自由がないというか、窮屈さが読後感として残ってしまう。ラストが若干、その思いから解放してくれそうで、この空気がもう少し物語の中に欲しかった。

« モツ、背徳、句歌詩帖 | トップページ | オーケストラの105人 »

」カテゴリの記事

食べること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/3463231

この記事へのトラックバック一覧です: 春の味:

« モツ、背徳、句歌詩帖 | トップページ | オーケストラの105人 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本