« 枇杷 | トップページ | ちらし寿司 »

2005.06.02

ももたろう

 この間の夜、今日はくたびれて何も読めないよーと子どもに言うと、「えー、それはいやだ」と言う。「でも読めない、眠ろう」と誘って、電気を消して真っ暗にした。すると、「じゃあ、僕が読んであげる」と、まんなかの子が「じゃ、いくよ。ももたろう……」と、自分の知ってる「ももたろう」の話をしてくれた。もちろん本を見てじゃなくて。つっかかると、上の子が助け船を出したり、ちびちゃんも「どんぶらこ、どんぶらこ」と合いの手を入れたり。続けて上の子が「かちかち山」の話をはじめた。「ばば汁食った、うまかった」、これを聞くとこれは『日本昔話百選』を覚えたのだなと聞いていた。うちの子たちは「かちかち山」が好きなのだ。布団の中でぬくぬくして聞く子どもの昔話はおもしろかった。お礼(?)に次の夜は、『日本昔話百選』から、「ももたろう」と「かちかち山」を読んだ。「かちかち山」の途中からちびちゃんとまんなかの子は眠ってしまい、上の子だけが最後まで聞き「おもしろかった」と言って眠った。

« 枇杷 | トップページ | ちらし寿司 »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/4379715

この記事へのトラックバック一覧です: ももたろう:

« 枇杷 | トップページ | ちらし寿司 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本