« さくらんぼ | トップページ | ワンプレート »

2005.08.22

最後の宝

オンライン書店ビーケーワン:最後の宝
最後の宝ジャネット・S・アンダーソン 光野多惠子訳 早川書房

 ハリネズミの本箱シリーズはヴァラエティ豊かだと思う。創刊された頃から読んでいるが、読むたびに、学校図書館が似合いそうなラインナップだなぁと思っていた。この本も、小学校の図書館にあったらうれしいと思う。宝探しってそれだけで、わくわくする響きをもっている。愛情深いご先祖さまが、本物の財宝を3つ隠してくれ、一族がどうしても!というピンチの時に、子どもたちが活躍し宝をみつけだす。さて、今回は最後の宝探し。昔のように一族のつながりもなく、どの人との間も細い糸がかろうじてあるくらい。宝探しは、その一族のルーツを探すことにもなる。今回活躍する子どもたちは、どうやってしかけを見つけるか?! 身内ゆえにもつドロドロした感情が長年つもるとどうなるか、一族の悲しい物語が宝探しとどうからむかが最後までひっぱり、先が知りたくなる。実際は夏休み最後の追い込み(?)でバタバタわさわさしている家の中、目を離すと宿題からはなれていく子どもたちの喧噪の中、台所で夕ご飯をつくりながら、今日とどいた本をいっきに楽しんだ。あぁ、おもしろかった。

« さくらんぼ | トップページ | ワンプレート »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは! 出版翻訳ネットワークの英文カフェで書き込みをいつも楽しみに読んでいました。コメントうれしいです。

 オススメの『デットフォードのネズミたち』3巻を本の山からひっぱりだしてきたので、次にこれを読もうと思います。a nanny mouseさんはやっぱり(?)、リーディングもされているのですね。このデットフォードは3冊ともかなりのボリュームなので、少し気合いをいれて読みますです。

こんにちは^^)

リンクありがとうございま~す。

『デットフォードのネズミたち』も読んで欲しいですね~

1巻目だけだとストレートなアクションものの印象なんですが、最後までいくとなかなかの拾いものですよ。

じつは珍しくわたしがリーディングしたんでした。ジャーヴィスはYAの作品で目をつけてたんですけど、こっちも気に入ったんで推しちゃいました。けど、まともどころで話題にならないのが悲しい^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/5591710

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の宝:

« さくらんぼ | トップページ | ワンプレート »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索