« 夕ご飯 | トップページ | ヒゲ父さん »

2005.10.18

愛情によせて

『詩集 若葉のうた』(金子光晴 勁草書房)を読んでいて目にとまった詩。
「一対 ―― 小山哲之輔におくる。」より

 愛情とは、からだとからだをよせて
さむさをあたためあふことなのだ。

 それ以上のなにごとでなくても、
それだけでも充分すぎるではないか。

最後の部分を引用している。この詩集はほとんどが、金子光晴氏の孫娘、若葉さんへの愛情あふれる詩集だ。その中で「愛情によせて」というところで、上記に引用した詩を含め4つ収録されている。「一対」は、50年つれそった夫婦を書いている。しみじみと読み返す。

« 夕ご飯 | トップページ | ヒゲ父さん »

」カテゴリの記事

コメント

ミアッカどんさん

 そういえば私も以前はよく購入した月日を本に記入していました。最近20年位前に購入した本の再読がかさなり、その時間にびっくりしたものです。

 子どもが生まれた嬉しさと光がこの詩にたっぷり含まれていますね。そのあったかさがすてきです。こんな風に美しいを美しいとかける強さがうらやましいほどです。

 私は「子どもと本」でこの詩集を知り、入手しました。最近は大事な本のほとんどをこの「子どもと本」を頼りに購入しているような気がします。最新号からは『北原白秋 100選』を求めました。まったく白秋はすごいです。私は白秋をつれあいが好きだったことから詩集を読んでいたのですが、童謡も含めその仕事のすばらしさには感嘆します。

さかなさん、ぶなの木さん  こんにちは

私もこの詩集大好きです。とりあげてくださってありがとうございます。

何度も何度も読みかえしたものです。
昔は母親の気持ちで、今は老人の気持ちを半分くみとりながら・・・かもしれません。

私は詩集を買うと購入年月日を記入するくせがあるのですが、これは昭和56年とありました。
今もこれからも静かに読みつがれていく詩集なんですね・・

ぶなの木さん

 この詩集いいですよね。詩集は発行部数も小説類より少ないですし、すぐ品切れ重版未定になるしで、なるべく気づいたら入手するようにしています。

 草模様、すてきですよね~。ココログのテンプレートまかせなのですが、模様替えするときにアレコレ悩むのが楽しいです。すてきと言ってもらえるとうれしい!

「若葉のうた」偶然にも先日手に入れたばかり。
図書館で借りて少し送れただけなのに「早く返してください。その本はそれしかないので、待っておられる方がたくさんいるのです」とわざわざ電話が来てしまい、平身低頭の体で返しに行ったことがありました。
で、手に入れたいと思っていたけれど、どこにも無くて、先日渋谷のブックファーストで見つけたときは、心の中で欣喜雀躍でしたね。
この詩集はほとんど全部好きです。
ところで、今気づいたんですけど、このまわりの草の模様、素敵ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/6463675

この記事へのトラックバック一覧です: 愛情によせて:

« 夕ご飯 | トップページ | ヒゲ父さん »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本