« 霜 | トップページ | 紫の瞳 »

2005.11.22

HITOGOROSHI

iconicon

丘の上の人殺しの家』(別役実Xスズキコージ ブッキング)は、おだやかじゃないタイトルとは裏腹なハートウォーミング(?)絵本だった。 生業を看板に書く時はなぜかローマ字で「HITOGOROSHI」と書く彼らは3人暮らし。3人兄弟は、丘の上にある小さな石造りの家に暮らしていた。最後のお客が来たのはもう12年前。その時とて、仕事としては成り立たなかった。何がいけないのだろう。イロイロ工夫をこらす姿が笑いを誘う。そしてようやく技をいかすべく、ようやくやってきたお客様のハンネ婆さんが一筋縄では死にません。そして、笑いと涙をそそるエンディングがすてきです。 読後感がとってもほかほか。悪を語る善をスズキコージさんがほのぼのとブラックに描いてます。

« 霜 | トップページ | 紫の瞳 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/7300893

この記事へのトラックバック一覧です: HITOGOROSHI:

« 霜 | トップページ | 紫の瞳 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索