« 気になる本 | トップページ | 餃子 »

2005.11.02

復刊

▼8月にポストしたちくま文庫復刊リクエストの結果が公開されている。→

▼リクエストしたもので入っているのは、
・『妖精詩集』(W.デ・ラ・メア 荒俣宏訳)
・『骨董屋』(C.ディケンズ 北川悌二訳)
・『 短篇集 妖精族のむすめ』(ダンセイニ 荒俣宏編訳)
今月には出るのかな、楽しみ。

▼そしてこのちくま文庫を購入すると、解説をセレクトした『限定版ちくま文庫』がもらえるようで、これもおもしろそう。

▼11月は岩波文庫の秋の重版もあります。目がとまったのはこの2冊。
・『わらべうた―― 日本の伝承童謡』(町田 嘉章,浅野 建二編)
・『朝鮮童謡選』(金 素 雲 訳編)
どちらもすでに持っているけれど、『朝鮮童謡選』は待ちきれなくて古書で入手したもの。ついまた買ってしまおうかと思ってしまうなぁ。

« 気になる本 | トップページ | 餃子 »

」カテゴリの記事

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

 うちはせっかく石釜があるので、今度火をいれてもらうようRさんにお願いしよう。フィッシュロースターって焼き芋ボタンがあるのですね。便利そう~。

 クロスレビューは開いてみるまでドキドキしますですが、今月はだいたい同じだったかな。シリーズ物は最初から読んだ方がいいのと、そうでないものがあるんだなとは思ってるんですが(^^;
 

 焼き芋はマイコンのフィッシュロースターで焼いてます。ちゃんと焼き芋のボタンもあるのです。おいしいです(^▽^)
 ウェブ書評、さかなさんと他の人の評価がわかれたりするのがおもしろかったです(^^;;)やっぱしシリーズ物は最初から読めという教訓になりました(?)

 わーい、サトリんも楽しみなんですね。
 西尾維新の戯言シリーズは未読ですー。年内でWeb書評が終わるので、ゆっくり読むぞ。
 秋は季節的に落ち着いて読書できますよね。焼き芋も。子どものほってきた芋がまだたくさん家にあるわ。

 私も荒俣さんの二冊楽しみです。わくわく。
 あと、全然関係ないんですけども講談社の西尾維新の戯言シリーズ完結記念フェアも楽しみです♪焼き芋もおいしい季節ですし、新刊も復刊もおもしろいといいなっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/6850515

この記事へのトラックバック一覧です: 復刊:

« 気になる本 | トップページ | 餃子 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索