« HITOGOROSHI | トップページ | 寄り道 »

2005.11.23

紫の瞳

オンライン書店ビーケーワン:ポイズン 上 オンライン書店ビーケーワン:ポイズン 下
きれいな表紙に惹かれて、ちらりとのぞくだけの予定がおもしろくって、ついつい読み始めてしまったのが『ポイズン(上・下 クリス・ウッディング 渡辺庸子訳 東京創元社)。中も挿画というか、ふちどりの絵がすごくきれいで、物語に華をそえている。まだ途中なので、帯の紹介を引用すると、

ポイズンは、父と継母と妹の4人で〈黒の湿地帯〉で暮らしていた。ある日怪物スケアクロウが幼い妹をさらい、かわりに妖精の取り替え子が残された。ポイズンは妖精王から妹を取り戻すべく、住み慣れた村をあとにする。

ここ数年、たっぷりファンタジーを読んでいると、なじみのあるストーリー展開かと懸念してしまうが、いまのところおもしろく読み進めている。登場人物たちの会話に静かな含蓄があり、それが心地よい。この作者の作品には『魔物を狩る少年』があり、こちらも今年の8月に出ている。

オンライン書店ビーケーワン:魔物を狩る少年

« HITOGOROSHI | トップページ | 寄り道 »

いま読んでる本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/7301412

この記事へのトラックバック一覧です: 紫の瞳:

« HITOGOROSHI | トップページ | 寄り道 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本