« ひとつずつ終わらせる | トップページ | ミステリ傑作短篇集 »

2006.02.10

とげ抜き

▼雑誌「群像」2月号から連載がはじまっている、伊藤比呂美氏による、長編詩がすごくいい。たらたらたらりと、親の介護、一時帰国で子どもを小学校に通学させていること、などが現実的に暗くなく語られている。カリフォルニアで入院している夫と電話でとある約束をするのだが、ものすごく強い念のこもった誓約。でも、そのそれぞれの言葉が悲観的でない。育児エッセイから読み始め、いま親子の介護を読むことで、これまでの時間の経過を感じました。長編詩タイトルは「とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起」

ちっちゃな石の胸や腹。
きよらかな水をかけながら。
苦を。
ごしごしと洗い流そう。

« ひとつずつ終わらせる | トップページ | ミステリ傑作短篇集 »

」カテゴリの記事

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/8606015

この記事へのトラックバック一覧です: とげ抜き:

« ひとつずつ終わらせる | トップページ | ミステリ傑作短篇集 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索