« ご飯 | トップページ | ぐるぐるまわる »

2006.03.07

木星の月

木星の月
アリス・マンロー著 / 横山 和子訳

幸せな読書だった。至福の読書だった。

アリス・マンロー、1931年生まれのカナダ人。邦訳単行本として作品が発表された初めての本が『木星の月』だ。中短編が9編収録されている。

どの作品も、現在(いま)立っているところからふわっと浮かび上がらせ、不思議な着地感をもつ。その一瞬、いま何を読んでいたのだろうと宙を仰いでしまう。それがなんとも快感なのだ。とくに「レイバー・デイ・ディナー」の最後の展開はすばらしかった。言葉はいろんなことができるのだとあらためて思う。思えることが至福。

さて、このアリス・マンローの短篇集『イラクサ』(小竹由美子訳)が今月の30日に新潮社クレストから刊行される。あぁ、早く読みたい。

« ご飯 | トップページ | ぐるぐるまわる »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/9026465

この記事へのトラックバック一覧です: 木星の月:

« ご飯 | トップページ | ぐるぐるまわる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索