« ひじきご飯 | トップページ | 果樹園 »

2006.06.13

料理

 原稿読み、原稿読み、お昼はお好み焼きをつくって食べた。

 『ある日系人の肖像』読了。すばらしく強い思いを残しました。後日感想を書く予定。

 夕ご飯は、豚こまの生姜焼き、オニオンスープ(オルチョたっぷりと塩をきつめに新玉スライスをじっくり炒めて、スープでことこと煮て最後にとろけるチーズをかけ、庭のパセリをきざんでいれる)、梅干し、ごま油、お酒をいれて炊いたご飯にしらすと小ネギをちらしたもの。じゃがいもとアスパラのゴマ酢あえ。生姜焼きにはレタスを添えて。満腹。大人気はオニオンスープ、子どもたちは皆おかわりしていた。上の子が「おいしいご飯はいいね。ぼく、今度は料理クラブに入ろうかな」と。でも今入っているゲームクラブも楽しいのでどうしようと考えていると、下の子が「じゃあ、ぼくは4年生になったら料理クラブに入って、夕ご飯つくろうっと」と宣言してました。さて、どうなるかな。上の子は学校で家庭科がはじまり、料理の時間にサラダをつくったりスープをつくったりしたので、もっとレパートリーを増やしたい様子。

« ひじきご飯 | トップページ | 果樹園 »

食べること」カテゴリの記事

コメント

オルチョッ子さん

 おいしそうなアドバイスありがとうございます!
 パセリ、大事ですよね~。
 わが家のパセリはいつも、モグラに食べられてしまい冬を越すことはないのですが、春に必ず新しい苗を植えています。これが庭にあるとすっごく便利。
 ガーリックトーストも食べたくなってきた。
 オルチョと塩の組み合わせで料理がなんでもつくれそうな気持ちになる時があります。おなかすいてきた。

文章と言うのは本当に不思議なものですね。
お二人のコメント読むとまるで湯気のたったオニオンスープが見えるようです!
オニオンスープおいしいでしょ!これオルチョでよく炒めるのと先に塩を入れちゃうのがミソです。
野菜だしやコンソメの変わりに、白インゲン豆をコトコト煮たのを煮汁ごと炒めた玉ねぎとあわせ、豆が割れるぐらいまで煮た後、パンをカリカリに焼いてニンニクこすりつけたのをバリバリ割ってスープの浮き身にしてもうまいです。パセリもお忘れなく~~~~

『果樹園』ぜひぜひ~。
私は本好きと食べ物好きなので、どちらのコメントもうれしいです。オルチョは本当においしいオリーブオイルなので、さらにうれしく。おいしいレシピは是非!教えてくださいね。美味なご飯は幸福につながりますもの。

さかなさんにオルチョ仲間と言っていただいて光栄です。
ほんとは、本がメインでこちらにお邪魔させていただいてたのですが、すっかりオルチョの虜になってしまいました。
今度は、本のことでもコメントさせていただきますね。
↑の『果樹園』も気になります。

dumpty さん

はじめまして。書き込みありがとうございます。
オルチョ仲間ですね、ふふ。
本を片手にというのわかります。私も他のことしながら、せっせと炒めました。確かに塩をいれなくても甘みでますね。でも塩バージョンもなかなかよいのでいつかお試しを。味に輪郭がでます。このオニオンスープ、グラタンにしなくても本当に本当においしいですよね。新物オルチョがもうほとんどなくなりかけていて、大瓶は在庫もないようなので、中継ぎに小瓶の方を買おうか検討しているところです。
また、おいしいものをつくられたら教えてくださいね!

こんにちは、はじめまして。
さかなさんのお料理、いつもほんとにおいしそうです。
私もオルチョ購入しました。
時を同じくして、我が家の夕飯もオニオンスープ!
本を片手にたまねぎを炒めること約1時間。
たまねぎの甘味が出て、塩などの調味料なしでもとてもおいしい!
スープがメインであることを忘れそうでした。
その後出来上がったスープのおいしかったこと!
あっという間になくなってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/10519564

この記事へのトラックバック一覧です: 料理:

« ひじきご飯 | トップページ | 果樹園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索