« うかたま届く | トップページ | ごはん日記 »

2006.09.07

おもしろい!

オンライン書店ビーケーワン:さよならを告げた夜

『さよならを告げた夜』 マイクル・コリータ 越前敏弥 訳 早川書房

 著者が大学を卒業後、探偵事務所や新聞社に勤めた経験を活かし、若干21歳で書いたハードボイルド。やぁ、おもしろかった! 久々に時を忘れるトリップ読書を堪能しました。

 元警察官で、辞めた時は過去の生活をすべて葬ろうとした主人公は、事業を興してみても、以前の仕事のような充実感を得られない。結局、事件の調査を依頼されたことにより、自分のいる場所を再確認し、探偵になる。その時の心情をこう言葉にした。

 事業の世界にいても幸せになれない。わたしは犯罪捜査から生きる力を得、疑問と答から、謎を事実から力を得てきた。真実を追い求めることで力を得てきた。それこそがわたしを充足させ、人生の目的を与えてくれる。もう二度と捨てるつもりはない。

 こういうまっすぐな言葉は響きます。
 章の出だしの文章も、ぐっとひきつけるものがあり、2作目も期待大!

« うかたま届く | トップページ | ごはん日記 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/11800570

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろい!:

« うかたま届く | トップページ | ごはん日記 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索