« ごはん | トップページ | 松浦氏の古書店 »

2006.11.16

心に残る

 徳間書店の「子どもの本だより」は、巻頭にいつも編集部の方が交代で文章を書かれていて、まず最初にそこを読むのがいつもの楽しみです。

 今日届いた最新号では「つなげていく」と題された文章で、とても心に残りました。高校3年生の時、校舎掲示板に貼ってあった、奨学生募集のポスターのエピソードです。

 仕事を確実に次につなぐ点このことで、忘れられない思い出があります。
 (中略)
 今思うとそれは、学校に送られてくる感想文コンクールなどのお知らせを欠かさず掲示してくれた先生方や事務員さんの仕事のおかげでした。やるべきことをきちんとやり続ける。あたりまえだけど、とても大切なことだと、日々実感しています。

« ごはん | トップページ | 松浦氏の古書店 »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/12711674

この記事へのトラックバック一覧です: 心に残る:

« ごはん | トップページ | 松浦氏の古書店 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索