« 気になる新刊 | トップページ | クマ »

2006.11.04

巻き簀もほしくなる

買えない味
平松 洋子著

風より

 家のなかには、風の道筋があるものだ。窓を開く。玄関を開ける。すると、静かに風が動いて通るのがわかる。目には見えなくとも、あるときはするり細く、太く、こっそり、勢いよく、さまざまに風は通ってゆく。そこへ場所を定めて、細切りだいこん、青菜、開いた魚、小さなベリー類、肉のかたまり……気が向けばなんでも干します。このところの気に入りは白菜の芯のあたり。ざるに広げて干して数日置き、これを刻んでみそ汁に仕立てればアラ不思議、新たなひと味が顔をのぞかせている。

 日置武晴さんの写真も絶品な料理エッセイ集。第16回Bunkamuraドゥ マゴ文学賞受賞作、選考者は山田詠美さん。

« 気になる新刊 | トップページ | クマ »

食べること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/12554287

この記事へのトラックバック一覧です: 巻き簀もほしくなる:

« 気になる新刊 | トップページ | クマ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索