« ご飯 | トップページ | 気になる新刊 »

2007.02.23

かえるくんのドキドキ

かえるくんどうしたの
マックス・ベルジュイス文と絵 / 清水 奈緒子訳
セーラー出版 (2007.2)

 昨夜、子どもたちと一緒に読んだ絵本。本書は、1990年に発行された初版に、表記、ルビ、訳をあらたに見直して出された改訂版です。
 2年前に亡くなった作者のマックス・ベルジュイスの代表作である「かえるくん」シリーズの一冊。

 ちかごろ、なんとなく調子のでないかえるくん。ぽおっとして、胸がドキドキしています。ぐあいが悪いようです。そこで友だちの、のうさぎくんの家に寄り、ぶあつい本から、そのドキドキの原因をさぐってもらいました。そこでわかったのは……。

 最後の最後までじっと聞いていたのはちびちゃん。ちょっと照れて目をそらしたのがまんなかの子。上の子は、「ねぇ、そのドキドキって、男の子は女の子に、女の子は男の子に感じるドキドキ?」と聞いてきました。「いろんなドキドキがあるよね。ぼくは、転校生がきた時なんか、最初に話しかける時すごくドキドキするよ」と教えてくれます。なるほど。

 原題は"Kikker is Verliefd"、英語タイトルは"Frog in Love"。

« ご飯 | トップページ | 気になる新刊 »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/14015712

この記事へのトラックバック一覧です: かえるくんのドキドキ:

« ご飯 | トップページ | 気になる新刊 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索