« The 2006 Cuffies | トップページ | ご飯 »

2007.02.21

グラフィック・ノベル

 いま、グラフィック・ノベルに個人的な関心度高し。きっかけは、プリンツ賞をとった"American Born Chinese"を読んだことから。もともと、好きなサトラピの『ペルセポリス』や『刺繍』もそのジャンル。海外のオンライン書店でもカテゴリには、コミック&グラフィック・ノベルというのも目にすることが多くなり、いろいろネットで検索してみると、これはいまおもしろいかもと思ってきているところなのです。
 特に、青林工藝舎のリンク先(海外マンガ関連)は、どれもこれもおもしろそうなグラフィック・ノベルを出しているようで、あれもこれもと注文しようとする指をぐっと押さえました。
 そんなタイミングで、いつもおじゃましている"marginalia"さんでの強力リコメンドが"The Arrival"という、これまた文字無しグラフィックノベル。ときたら、これは注文せずにはいられません。ショーン・タンは『レッドツリー』(今人舎)一冊が邦訳されている作家で、不思議な画風です。marginalia さん情報(コメント覧)によると、"The Arrival"はオーストラリアのSF・ファンタジー賞 Aurealis Awards のヤング・アダルト短篇部門と、さらに各部門の受賞者から選ばれる Golden Aurealis(短篇)を受賞しているとのこと。はやく届かないかしら。

« The 2006 Cuffies | トップページ | ご飯 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/13999267

この記事へのトラックバック一覧です: グラフィック・ノベル:

« The 2006 Cuffies | トップページ | ご飯 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本