« The Arrival | トップページ | かがくのとも »

2007.03.03

1000の星のむこうに

1000の星のむこうに
アネッテ・ブライ文 絵 / 木本 栄訳
岩波書店 (2007.2)




 見返しの紙がやわらかくて和紙のような風合い。そこに鉛筆のような素朴な線画で、祖父と孫、そして2人が好きなものだと思われるものが描かれています。わぁ、すてきと思わずを紙をなでなで。
 祖父と孫のあたたかくやさしいつながりが、これまたあったかい趣の絵に添えられて描かれます。見開きにはカラーの絵をふちどるように、落書きのような絵が囲むようにあり、物語との距離を親密にさせてくれ、心を楽しませてくれました。デリケートなことがらを愛情深く綴っていて、心に残ります。『エヴァはおねえちゃんのいない国で』を思い出しました。

エヴァはおねえちゃんのいない国で
ティエリー・ロブレヒト文 / フィリップ・ホーセンス絵 / 野坂 悦子訳
くもん出版 (2006.6)

« The Arrival | トップページ | かがくのとも »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/14119042

この記事へのトラックバック一覧です: 1000の星のむこうに:

« The Arrival | トップページ | かがくのとも »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索