« 紙の仕事 | トップページ | まんがとおかし »

2007.04.01

漢字と平仮名

「群像」4月号の山田詠美×川上弘美対談「小説とは地味なものです」がおもしろかった。おふたりの最新作である『無銭優雅』と『真鶴』をめぐってというサブタイトルにあるように、この二作を読んでいると、より楽しめる内容。小説をどう書いていくか、設定し肉付けしていくか、その構築をめぐる言葉のかけあいが、お互いにすれ違うことなくかみあっていて、共通の土壌をもっていることが伝わってくる。おふたりが好きな田辺さんの作品についてや、尊敬すべき文学ミーハーな方のことなど、楽しそうな話っぷりだった。

『真鶴』は平仮名が多用され、『無銭優雅』は著者自身も言っているように「すごく漢字が多い」。でもって「言葉じり」がすごく大事、文字は大事という。漢字というのはイメージで、イメージを限定するためにも『無銭優雅』では漢字を多くつかった。『真鶴』は平仮名ゆえに、せきとめられる。イメージが限定されないがゆえに。このことは、私は未読だけれど、「文學界」3月号の“ニッポンの小説”高橋源一郎氏が書いているとのこと。

« 紙の仕事 | トップページ | まんがとおかし »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/14485298

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字と平仮名:

« 紙の仕事 | トップページ | まんがとおかし »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本