« ホールドアップ | トップページ | まったく奇妙なもの »

2007.08.30

美術館めぐり

 雑誌「芸術新潮」9月号の特集はニューヨーク 美術館をめぐる冒険。読みごたえ、見ごたえたっぷり。大判見開きたっぷりに展開される、美しい写真の数々。読みふけりました。紹介している美術館は、メトロポリタン美術館、クロイスターズ、ニューヨーク近代美術館、グッゲンハイム美術館、フリック・コレクション、モーガン図書館&美術館、ノイエ・ギャラリー、アメリカン・フォーク・アート美術館、マダム・タッソー館、ブルックリン美術館、ノグチ美術館、クイーンズ美術館、P.S.1、ディア・ビーコン。

 フリック・コレクション、モーガン図書館&美術館のページは何度見ても飽きません。美しい~。

 あとおもしろいのは、カニグズバーグの『クローディアの秘密』をモデルに、メトロポリタン美術館を探検していく特集もよかった。クローディアとジェイミーのかわりにモデルとなっている少女と少年がいい感じ。クローディアたちが選んだベッドは、撮影時に展示されていなかったようですが、メトロポリタン美術館のベッドコレクションの一部が紹介されていて、こちらも素敵。いつかリアルに訪れてみたい。そういえば、メトロポリタン美術館編集の本も美しいのを思い出した。

芸術新潮 2007年 09月号 [雑誌]  Baby Loves

« ホールドアップ | トップページ | まったく奇妙なもの »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

BUNさん

再読はかならず前に読んだ時とは違う発見があるので楽しいです。わかっていることが多いと、本はより楽しめますね~。
雑誌、是非ながめてみてくださいませ!

さかなさん
おお、グッゲンハイムの天井も載っているんですね。それはますます買わなくちゃ……ていうか、まちがってなくてよかった~! じつは、グッゲンハイムは15年ぐらい前に訪れたことがあって、モビールを見た記憶が漠然と残っていたのですが、今回、いい写真がなかなか見つからなくて、記憶にたよって訳していたのでした(汗)。二度も読んでいただいて、本もよろこんでると思います。ありがとう~!

みさん

私もあのページ好きです~。天使像のエピソードと共に、彫像を見ている子どもの表情もよかった!

ふふ、最初は立ち読みしてたんですよ。今回お値段もふだんの号より高いですし。でも、何回か立ち読みして、我慢できなくなってレジに持って行きました(笑)。

BUNさん

思わず『涙のタトゥー』を再読。

私、この雑誌を読んだおかげで、最初に出てくるモビールのことで、グッゲンハイム美術館の記述がすっごくよくわかりました。みんなでひたすら天井ばかり見あげていたことがあったっけというところ。この雑誌に、おそらくそういう天井だと思われるすごいなーと思う写真が載っていて、雑誌を片手に「涙~」を読むと、ニューヨークを近しく感じましたです。

フリック・コレクションも、ここでデートできるとすてきだなとあらためて思いました。メトロポリタン美術館も会話にでてきますが、雑誌に地図も載っているので、会話が立体的に読めたのです。あらためておもしろかったです!

私も「芸術新潮」の広告を新聞で見て、絶対読みたいと思い、本屋で立ち読みしました。

私は『クローディアの秘密』が大大大好きなので、メトロポリタン美術館を訪れるのは夢のひとつ。

紹介されていたミケランジェロの銅像が本とは全然違って、その紹介文がほほえましかったです。

おお、さがしてみよう~。フリック・コレクションは、実は「涙のタトゥー」で初めて知りました。クローディアとからめた特集も、楽しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/16289892

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館めぐり:

» ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか? [国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記]
 ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?   それは、1960年代半 [続きを読む]

« ホールドアップ | トップページ | まったく奇妙なもの »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索