« すごい恐竜絵本 | トップページ | 暑いという言葉しか出てこない »

2007.08.13

とにかく暑い

 気持ちよいくらい汗の流れる日々。庭のビニールプールの水もすぐぬるくなってしまい、子どもたちも毎日たっぷりの汗をかきながら、水遊びやらキャッチボールやらを。
 汗と正比例するようになくなる麦茶の補充に、せっせとわかしては冷まし、わかしては冷ましと同じことの繰り返しの夏です。もうひとつの繰り返しは蚊取り線香の補充。煙がなくなると、すぐさまプーンとやってきては、刺しまくります。蜂の巣もすぐできるし、庭には蜂がブンブン飛び回っているため、刺激しないよう静かに静かに。

 1日早く、課題本+αを書き上げて送信。ほっ。

 リンドグレーンの『遊んで 遊んで』を繰り返し読んでいる。石井登志子さんの訳はリンドグレーンを語るのにぴったりだと思う。

 

« すごい恐竜絵本 | トップページ | 暑いという言葉しか出てこない »

雑記」カテゴリの記事

コメント

みさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

 石井登志子さんって、リンドグレーンのデビュー作であるブリット-マリみたいな感じがしませんか。ほんとうにステキな方ですよね。この講演会には行けませんでしたが、どんな風にリンドグレーンについて語ったかは聞こえるような気がします。

 『遊んで 遊んで~』はクリスティーナ・ビヨルクがリンドグレーンについて調べて書いたものです。主に子ども時代が書かれてあり、リンドグレーン自身の子ども時代、リンドグレーンの作品と自身の子ども時代の関わり、そして、リンドグレーン作品世界に登場する自然についての三部構成です。写真とイラストがたっぷりで、作品を理解するにもとても参考になりますし、子ども時代のその後についてもシンプルに紹介されています。18歳の時に妊娠したこと、しかし、子どもは欲しいけれど結婚は考えなかったリンドグレーンは速記とタイプを習い、ストックホルムに引っ越ししたこと。などなど、リンドグレーンの自立した生き方には目を見張ります。

 それ以外にもこの本では、作品のモデルになった親友の写真も掲載されていて、マディケン(『おもしろ荘の子どもたち』の!)のそれはそれは美しいことには感動しました。マディケンとリンドグレーンは一生を通じて親友だったんですよね。

 みさんもきっと気に入ると思いますよん。

さかなさん、こんにちは!
先日行ったリンドグレーンの講演会のスピーカーは、石井登志子さんでした。

心からリンドグレーンを愛し、彼女の作品を愛し、彼女の作品に登場する人たちを愛しているのが伝わってきました。

これはリンドグレーンの自叙伝なのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/16103664

この記事へのトラックバック一覧です: とにかく暑い:

« すごい恐竜絵本 | トップページ | 暑いという言葉しか出てこない »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索