« 気になる新刊 | トップページ | 青いパパイヤ »

2007.10.04

眠る

『ねむれないの、ほんとだよ』
ガブリエラ・ケセルマン文 ノエミ・ビリャムーサ絵 角野栄子訳 岩波書店 (2007.9)

スペイン人のイラストレーターに、アルゼンチンの作家が文章を書いている絵本。土黒くの色合いとタッチの表紙が目をひきます。

ひとあしさきに上の子が読んでいたようで、私が今日はこれを読もうかなと手にとると、「うん、それはおもしろい絵本だった」と教えてくれ、期待しながらページを繰りました。

「ぼく ねむたいんだ、ほんと、ほんとだよ。
でも ねむれないの、ほんと、ほんとだよ」

濃いグリーンの暗闇の中、ぬいぐるみのピンク色のうさぎをかかえたマークがこうつぶやくところから始まります。ねむたいんだけどねむれない。マークがねむれない理由は様々で、その原因をとりのぞいてもらおうと、「ママ!」とよんでは、蚊が刺すから怖いとか、ベッドが高すぎて落ちるのが怖いとか訴えます。ママも真剣に対応を練っていくのですが……。太くて濃いタッチの絵ながら、構図はいたってシンプル。リズミカルな文章からマークとママの人柄も伝わってきます。背景が濃いグリーンから、真っ白になり、そして最後の色合いもシックにおさまっていて、マークの心の動きをみるようでした。子どもたちも、「ねむれないときあるよね、こわいよね」と共感して聞いていたようです。

« 気になる新刊 | トップページ | 青いパパイヤ »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/16665280

この記事へのトラックバック一覧です: 眠る:

« 気になる新刊 | トップページ | 青いパパイヤ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本