« アンドルー・ラング世界童話集刊行開始 | トップページ | 食べること »

2008.02.01

 ちびちゃんの園では一足早く、豆まきをしたそうです。朝から豆を煎り、その匂いにつつまれて登園。わが家の3人さんは、みな、この時期に園の節分で鬼の話を聞き、毎日がスリリングになります。トイレにひとりで行くのはもってのほかで、物音にも敏感。いま、鬼がきた?としょっちゅうこわがるのです。それなのに、その時期を過ぎた兄さまたちは、それは妹たちには冷たく「こわくないよ、鬼なんてこないよ」とちびちゃんの怖さにまったくつきあう気がないようで。彼らも、この時期は私がゴミだしに行く時にですら、ついてきて、「いや、念のため」とか言っていたのです。

 それでも、園に来た鬼退治をしてもちびちゃんは泣かなかったらしく、今日は誇らしげ。兄さまたちは当時泣いていたのに、がんばりました。

 わが家の鬼絵本では赤羽さんのが人気です。以前にも書きましたが、残念ながらいまは入手がむずかしい『鬼のうで』(偕成社)は、とてもとても怖いです。読んでいる私もぞくりとする。語り口の美しさ、絵の美しさ、それが怖さをそそるのです。ぜひ手にとって読んでみてください。

« アンドルー・ラング世界童話集刊行開始 | トップページ | 食べること »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/17922736

この記事へのトラックバック一覧です: :

« アンドルー・ラング世界童話集刊行開始 | トップページ | 食べること »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本