« 季節のたより | トップページ | タイトル »

2008.03.06

イサク・ディネセン

 お風呂で読むものは、たいていPR誌で、今日は「ちくま」をもって入りました。横山貞子さんの“翻訳で出会った作家たち”は、前号からの連載です。今回はイサク・ディネセン。
 晶文社から出ている『アフリカの日々』での作者表記はアイザック・ディーネセン。私にとって大事な一冊でもあり、転機に読み返す本でもあります。
 ディネセンがアフリカから引き上げ、作家としての地位を確立した晩年に、アメリカを訪問したことが紹介されていました。その時の条件は「マリリン・モンローに会えるなら」というものだったそうです。ディネセンがモンローに会った感想の言葉がおもしろかったです。ディネセンもモンローも亡くなったのは1962年という偶然。

« 季節のたより | トップページ | タイトル »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/40400939

この記事へのトラックバック一覧です: イサク・ディネセン:

« 季節のたより | トップページ | タイトル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索