« ごはん | トップページ | 日々のごはん »

2008.03.25

きみの行く道

 いいこと書いてあるなあと、上の子が感心したように言った絵本。

 ドクター・スースがつくり、詩人の伊藤比呂美さんが訳したもので、本国ではスースが亡くなる前年の1990年に刊行、邦訳出版は1999年だった。発行元のニュー・ウォーカー(発売:河出書房新社でした)が解散したこともあり、長い間品切れ状態だったものが、うれしい復刊です。
 今回の復刊では、大幅に改訳され、よりリズミのある翻訳によみがえっています。

 おめでとう。
 今日という日は、きみのためにある。
 外の世界にむかって
 きみは、いま、出ていこうとしてるんです。

 きみの行く道はどんな道なのか。どんどん進んでいくと、ひらけた道もどんどんと、問題にぶつかってもひるむことなく。読後感は爽快です。ちびちゃんも、「きょうは、この絵本読もうっと」とひとりで読んでいます。まんなかの子も黙読しています。
 さて、みんなの道はどんなんかな。

« ごはん | トップページ | 日々のごはん »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/40635038

この記事へのトラックバック一覧です: きみの行く道:

« ごはん | トップページ | 日々のごはん »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索