« 言葉にすること | トップページ | 届く言葉 »

2008.03.21

バレエなんて、きらい


バレエなんて、きらい
ジェニファー・リチャード・ジェイコブソン
武富博子 訳
浜野史子 イラスト
講談社 ISBN 978-4-06-214504-6 定価:本体1200円(税別)

 3人の少女、ウィニー、ヴァネッサ、ゾーイは、仲良し3人組。3階の建物の各階に住んでいるご近所さんでもあります。学校でのクラスは違うけれど、放課後は一緒に過ごしていました。ところが、学校にバレエ教室ができてから、3人にちょっと違う風がふいてきたようです。いつも意見が一致するのに、このバレエだけはそうならなかったのです。さて、仲良しさんたち、どうなっちゃう?

 波風たたず、順調に友情をはぐくんできたのは、3人の価値観がぴったりあっていたからなのに、ひとりでもあわなくなると、あれ?と軌道修正しようにもなかなかうまくいきません。こんなこと、子どもの頃のみならず、大人になってからも、人との関係で思い当たるなあと思いながら読みふけりました。ケンカもしたくない、仲良くしたい、でもどうやったら、もやもやした気持ちを整理できるのだろう、前のように戻るにはどうしたらいいのだろう、そんな、すぐに答えにでない少女たちの気持ちに寄り添った文章が、心地よく読み手に入ってきました。爽やかな読後感。少女たちの選択がすてきです。

« 言葉にすること | トップページ | 届く言葉 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/40588898

この記事へのトラックバック一覧です: バレエなんて、きらい:

« 言葉にすること | トップページ | 届く言葉 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索