« ごはん | トップページ | メモ »

2008.04.01

読む

新潮 2008年 02月号 [雑誌]

 「かもめの日」(黒川創)を雑誌「新潮」で読む。井上ひさしの「ロマンス」を観ていたのもよかった。チェーホフの「かもめ」がどちらにもながれている。ここしばらくの本読みは、なかなか響くものがなかったのだけれど、「かもめの日」はじっくりと読むを堪能できた。

 『ボクシング・デイ』(樫崎茜)読了。つい最近レンタルDVDで観た「めがね」の時に持ったた思いがある。きれいで心をほぐされるやわらかい世界をたのしく受容したのだけれど、そこにいる人たちの人間味があまり感じられない。人間味が描かれているかのように見えたのだけれども。『ボクシング・デイ』は著者の書こうとしたものの愛情は強く感じられた。けれど、自己完結しすぎているような。もっと他者を意識したところがほしかった。

« ごはん | トップページ | メモ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/40727169

この記事へのトラックバック一覧です: 読む:

« ごはん | トップページ | メモ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索