« 気になる原書 | トップページ | ブランフォード・ボウズ賞2008 »

2008.07.09

未知の土地

白いキリンを追って

 ペーパーバックになっている児童書を子どもたちが投票して選ぶ"Primary schools book award 2008"(英国)を受賞した作品。邦訳は昨年11月、あすなろ書房より、さくまゆみこさん訳。[賞Link]

 両親を火事で亡くし、アフリカにいる祖母のもとへ行く少女。祖母はちっとも少女の気持ちに斟酌せず、どちらかというと冷たいほどなのだが、どうやらそれには謎があるらしい。ハラハラしながら読み進めていくストーリー。

 うーん、おもしろい。エヴァ・イボットソンの『夢の彼方への旅』(偕成社)もそうだったけれど、『夢の彼方への旅』はアマゾンの、『白いキリンを追って』はアフリカの魅力がとてもうまいぐあいに物語になじんでいるのだ。見知らぬところへの興味、好奇心、しかしそういう場に行かねばならない厳しい事情。どちらの作品も物語の醍醐味がつまっています。

夢の彼方への旅

« 気になる原書 | トップページ | ブランフォード・ボウズ賞2008 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/41789903

この記事へのトラックバック一覧です: 未知の土地:

« 気になる原書 | トップページ | ブランフォード・ボウズ賞2008 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索