« あき | トップページ | チェラブ »

2008.09.13

旅本

PLAYBOY (プレイボーイ) 日本版 2008年 10月号 [雑誌]

 読書の秋、だからなのか、「CREA」も「一個人」もどれもみな本特集で、教えてもらったり、書店で見かけたりで購入し、最後まで迷ったのがこの雑誌。でも、もうちょっとで廃刊にもなるし、迷うほどのことでもないかと、詩の特集のとあわせて購入。

 『深夜特急』や『メメント・モリ』を夢中になって読んでいたのは20年以上も前。まったく知らない本もあるけれど、『サイゴンから来た妻と娘』や『ハーレムの熱い日々』、『アフリカの日々』など、熟読した本の名前をみて、なつかしくなってしまう。

 そのほか、大型ノンフィクションとして新連載がスタートした石井光太「地を這う裸虫」、どっしり重たい。写真も文章も、どんどんどんと穴をほるような気持ちになる。この連載、「PLAYBOY」がなくなるので、第二部は違う媒体で続くとのこと。

« あき | トップページ | チェラブ »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/42473360

この記事へのトラックバック一覧です: 旅本:

« あき | トップページ | チェラブ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本