« 気になる新刊 | トップページ | 買おうと思っている雑誌 »

2008.09.24

キュリー夫人伝

(ここから引用)

 去年の春、うちの娘たちは蚕を飼いました。わたしはまだとても体調が悪くて、何週間もなにもできず、蚕が繭をつくるのをじっと観察していたのです。それがとってもおもしろかったの。活発でいっしょうけんめいな蚕たちが、熱心にがまん強く繭をつくっていくようすには、ほんとうに感動しました。そうして「わたしも同じ仲間だわ」と思ったのです——仕事に対しては、わたしのほうがずっと手ぎわが悪いとしてもね。蚕たちと同じように、わたしもいつも、ひとつの目標にしんぼう強くむかっています。そこに真実があるという確信は、少しも持てないまま。人生はうつろいやすく、はかなく、あとにはなにも残らないと知っていますし、人生をまったくちがうふうにとらえる人たちがいることも、知っているからです。それでもなおそこを目ざすのは、蚕が繭をつくるのと同じように、なにかがわたしをそうさせるから。あわれな蚕は、たとえ完成させられなくても、繭をつくりはじめなくてはなりませんし、やはりせっせとはたらきます。そうしてその仕事をやりとげられなければ、羽化することはできず、報いられることなく死んでいきます。
 いとしいハーニャ、どうかわたしたちが、それぞれに自分の繭を紡いでいくことができますように。「なぜ」とか「なんのために」などと、問うことなく。

〈マリー・キュリーより姪ハンナ・シャライへ 一九一三年一月六日〉
(引用ここまで)

『キュリー夫人伝』(エーヴ・キュリー/河野真理子訳/白水社)より

« 気になる新刊 | トップページ | 買おうと思っている雑誌 »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

キュリー夫人伝は一読の価値ある伝記本です。身内の方が書かれたからこそのエピソードもあり、翻訳もすばらしい。

引用した蚕をみつめるキュリー夫人のまなざしが、真摯ですばらしいですよね。蚕を実際飼ってみて、その繭づくりを目の当たりにしてからの再読だったので、よけいにじーんときました。

キュリー夫人、出たんですね。引用の文章にひたすら感動してしまいました。「なぜ」「なんのため」と人間はつい問いたくなってしまうものですよね。河野さんの訳もすばらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/42593908

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 気になる新刊 | トップページ | 買おうと思っている雑誌 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本