« 気になる新刊 | トップページ | 第6回(平成20年)角川財団学芸賞 »

2008.10.15

2008年ブッカー賞

 今年40周年を迎えるブッカー賞。受賞してほしい作品があったので、最終候補作に残ったあたりから発表日をドキドキして待っていました。しかし、くぅぅと残念ながら、お目当ての作品は受賞ならなかったものの、なんといってもそれはブッカー賞最終候補作! とにもかくにも日本語で読める日が楽しみ。

 受賞はインド人作家、Aravind Adiga氏(33歳)による"White Tiger"。
 The White Tiger: A Novel

 デビュー作による受賞はAdiga 氏で3人め。インド人作家のデビュー作受賞者としては2人めの快挙(インド出身者としては4人め)。ちなみに、今回の候補作品13作中、5作品がデビュー作。最終候補に残ったのは、下記の6作品。デビュー作で候補に残った作品は、5作品の内2作品。受賞した"White Tiger"と、オーストラリア人作家 Steve Toltz 氏の"A Fraction of the Whole"。

・Aravind Adiga "The White Tiger"  (Atlantic)
・Sebastian Barry "The Secret Scripture" (Faber and Faber)
・Amitav Ghosh "Sea of Poppies" (John Murray)
・Linda Grant "The Clothes on Their Backs" (Virago)
・Philip Hensher "The Northern Clemency" (Fourth Estate)
・Steve Toltz "A Fraction of the Whole" (Hamish Hamilton)

ブッカー賞公式サイト[Link]

 ちなみに、最終候補作には選ばれなかったのですが、(とはいえ教えていただき初めて気づいたのですが)、候補に選ばれた13作品の中に入って」いた、トム・ロブ・スミスの"Child 44"は8月に邦訳が出ているのです。話題作が日本語で読めるのは早くなってますね。

チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)チャイルド44 下巻 (3) (新潮文庫 ス 25-2)

« 気になる新刊 | トップページ | 第6回(平成20年)角川財団学芸賞 »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/42793707

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年ブッカー賞:

« 気になる新刊 | トップページ | 第6回(平成20年)角川財団学芸賞 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索